アフターピルの使い方

アフターピルの使い方を考える

アフターピルとは緊急を要する時にのみ使う避妊薬です。例えば性被害に遭った場合やコンドームが破れていた場合です。もしもの時の為に、と備えている女性もいるでしょう。私も日頃からカバンに入れて持ち歩いています。

アフターピルの避妊力や体に与える力が強い為に常習の使用は危険なのです。体のホルモンバランスが崩れ元に戻るのに最短でも3ヶ月掛かるともいわれます。私もアフターピルを服用した後は生理不順がしばらく続きました。

また、生理周期が乱れているということは排卵日が定まっていないということなのです。なのでいつ排卵日が来てもおかしくないということ。排卵日前後に避妊ができずに性交渉をしてしまうと妊娠する確率も高くなります。

彼やパートナーとの避妊にはもう1つのピルを使おう

アフターピルで避妊する大切さ
大切な人と定期的に性交渉をするのであれば低用量ピルというもう1つのピルを使ってみてはいかがでしょうか。じつはアフターピルよりも避妊効果が期待されるピルなのです。しかしピルの中でも一番弱いピルなので体への負担もアフターピルに比べ少ないのです。

低用量ピルは避妊効果が高く優秀なピル

毎日の飲用で効果が出るのが低用量ピルです。もともとは生理に悩みを抱えている女性たちの治療に使われていたピル。微量のホルモンを1日1錠摂取して避妊をすることができます。というのもピル全般に含まれているレボノルゲストレルというホルモンが卵巣の働きを止めて排卵を起こさせない為です。避妊をしながら生理不順も改善してくれるのです。

また強いお薬ではないので飲用をやめても体への影響も無く妊娠することも可能なので、飲用を辞めた後に妊娠をしても母体自体や胎児自体に影響はありません。

ピルは女性の一部

ホルモン剤であるピルは女性の体をサポートしてくれるお薬です。使い方を替えれば妊娠も避妊もできるのです。皆さんも自身にベストな避妊法を見つけましょう。