副作用が少ないアイピル

従来のピルとアイピル

副作用が抑えられるアイピルというアフターピルの需要が高まっています。日本でもアイピルを使い避妊をする女性が増えてきました。従来のアフターピルとアイピルの人気の差はやはり副作用が抑えられるという点でしょう。確かに副作用が抑えられるということは魅力的でしょう。ではなぜアイピルは本当に副作用が抑えられるのか、また避妊効果はあるのでしょうか。

従来のアフターピルは中用量ピルを用いていた

まずは従来のアフターピルについて説明します。はじめ、中用量ピルという医療に使われるピルが緊急避妊薬として使われていました。しかし、海外でおこなった臨床実験ではヤッペ法を使って避妊したカップルのうち、避妊に成功したカップルは57%と半分くらいしか効果が見られず、副作用も嘔吐の症状を訴えた女性は19%いたと言います。

服用しないよりは妊娠確率が低いことから服用をする女性もいたでしょうが副作用に耐えたにも関わらず妊娠してしまっては体に相当の負担が掛かりますよね。
日本人女性の多くがこのヤッペ法の影響からアフターピルの印象が付いていしまったと言われています。

新薬として開発されたアフターピル

新薬として作られたアフターピル
副作用が酷いことで知られていた従来のアフターピルの改善として新薬である今のアフターピルが作られました。その薬は今、ノルレボ法を用いて服用されます。レボノルゲストレルというホルモン量を増やしたことにより副作用を最低限まで抑えるLNG法という方法が開発されたのです。

ただし、病院では緊急避妊薬に医療保険が使えません。その為、ノルレボ錠は新薬であることも関係して、高額な値段になってしまうのです。
そこで海外でも使われているアイピルが日本でも注目されるようになりました。

じつはアイピルは日本のノルレボ錠のジェネリック医薬品なのです。なので日本でも病院でノルレボ錠を購入するのではなくアイピルを通販で購入する女性が増えてきています。