ピルは危険ではない

日本では馴染みの少ないお薬である避妊薬。日本ではアフターピルの関する情報が独り歩きをしているような気がします。実際に私も「アフターピルピルを使ったことがある」というといろんな人がピルに関することを質問してきました。

やはり興味はあるけど、ピルの良くないウワサが独り歩きしている為に使うのをためらう人たちが多いのでしょう。ではアフターピルとは一体何なのでしょうか。一緒に見ていきましょう。

アフターピルは体に害がある?

アフターピルの成分は女性ホルモンのプロゲステロンとエストロゲンです。プロゲステロンが卵巣の働きを一時的に止めること排卵日を遅らせ精子が卵子と受精ができなくなります。

そして受精卵が着床しないように子宮内膜を剥がして生理を起こします。これは毎月起こる生理周期の一連の流れです。アフターピルを使うことで一連の流れをお薬で誘発するというわけです。

アフターピルを飲用しても妊娠してしまう?

アフターピルを飲んでも妊娠する場合もある
アフターピルを飲用したとしても妊娠をしていたということもあります。服用したにも関わらず妊娠してしまう原因は様々ですが、性交渉がすんだ後12時間以内に飲用することでほぼ確実に避妊をしてくれるでしょう。
また使用する前に妊娠をしていた場合は避妊の効果はありません。むしろ胎児への影響が心配される為アフターピルを使う前に妊娠している可能性はないか確かめる必要があります。

アフターピルは子どもができにくくなる?

ピルは女性ホルモンからできているホルモン剤です。ホルモン剤と聞くと驚く人もいますが、もともと体にあるホルモンから作られているので体への悪影響はないのです。また、アフターピルの成分は2日ほどしか体に留まりません。

よく「体にいつまでも残り将来妊娠ができないのでは」と思っている人もいますがそれは違います。アフターピルはその時だけの避妊の為、将来の妊娠に関わることは全くないのです。

アフターピルの使い方を考える

アフターピルとは緊急を要する時にのみ使う避妊薬です。例えば性被害に遭った場合やコンドームが破れていた場合です。もしもの時の為に、と備えている女性もいるでしょう。私も日頃からカバンに入れて持ち歩いています。

アフターピルの避妊力や体に与える力が強い為に常習の使用は危険なのです。体のホルモンバランスが崩れ元に戻るのに最短でも3ヶ月掛かるともいわれます。私もアフターピルを服用した後は生理不順がしばらく続きました。

また、生理周期が乱れているということは排卵日が定まっていないということなのです。なのでいつ排卵日が来てもおかしくないということ。排卵日前後に避妊ができずに性交渉をしてしまうと妊娠する確率も高くなります。

彼やパートナーとの避妊にはもう1つのピルを使おう

アフターピルで避妊する大切さ
大切な人と定期的に性交渉をするのであれば低用量ピルというもう1つのピルを使ってみてはいかがでしょうか。じつはアフターピルよりも避妊効果が期待されるピルなのです。しかしピルの中でも一番弱いピルなので体への負担もアフターピルに比べ少ないのです。

低用量ピルは避妊効果が高く優秀なピル

毎日の飲用で効果が出るのが低用量ピルです。もともとは生理に悩みを抱えている女性たちの治療に使われていたピル。微量のホルモンを1日1錠摂取して避妊をすることができます。というのもピル全般に含まれているレボノルゲストレルというホルモンが卵巣の働きを止めて排卵を起こさせない為です。避妊をしながら生理不順も改善してくれるのです。

また強いお薬ではないので飲用をやめても体への影響も無く妊娠することも可能なので、飲用を辞めた後に妊娠をしても母体自体や胎児自体に影響はありません。

ピルは女性の一部

ホルモン剤であるピルは女性の体をサポートしてくれるお薬です。使い方を替えれば妊娠も避妊もできるのです。皆さんも自身にベストな避妊法を見つけましょう。

従来のピルとアイピル

副作用が抑えられるアイピルというアフターピルの需要が高まっています。日本でもアイピルを使い避妊をする女性が増えてきました。従来のアフターピルとアイピルの人気の差はやはり副作用が抑えられるという点でしょう。確かに副作用が抑えられるということは魅力的でしょう。ではなぜアイピルは本当に副作用が抑えられるのか、また避妊効果はあるのでしょうか。

従来のアフターピルは中用量ピルを用いていた

まずは従来のアフターピルについて説明します。はじめ、中用量ピルという医療に使われるピルが緊急避妊薬として使われていました。しかし、海外でおこなった臨床実験ではヤッペ法を使って避妊したカップルのうち、避妊に成功したカップルは57%と半分くらいしか効果が見られず、副作用も嘔吐の症状を訴えた女性は19%いたと言います。

服用しないよりは妊娠確率が低いことから服用をする女性もいたでしょうが副作用に耐えたにも関わらず妊娠してしまっては体に相当の負担が掛かりますよね。
日本人女性の多くがこのヤッペ法の影響からアフターピルの印象が付いていしまったと言われています。

新薬として開発されたアフターピル

新薬として作られたアフターピル
副作用が酷いことで知られていた従来のアフターピルの改善として新薬である今のアフターピルが作られました。その薬は今、ノルレボ法を用いて服用されます。レボノルゲストレルというホルモン量を増やしたことにより副作用を最低限まで抑えるLNG法という方法が開発されたのです。

ただし、病院では緊急避妊薬に医療保険が使えません。その為、ノルレボ錠は新薬であることも関係して、高額な値段になってしまうのです。
そこで海外でも使われているアイピルが日本でも注目されるようになりました。

じつはアイピルは日本のノルレボ錠のジェネリック医薬品なのです。なので日本でも病院でノルレボ錠を購入するのではなくアイピルを通販で購入する女性が増えてきています。